*キラキラのどろんこLife*三姉妹日記

年の差三姉妹の母、睦です。 先天性心疾患「左心低形成症候群(HLHS)」の三女、小5長女、小3次女(通称:姉ちゃんズ)がいます。 三姉妹の成長記録と共に、三女が産まれてからの闘病・生活の記録を残しています。 治療に関する内容は細心の注意を払っていますが、正確ではない情報が含まれている場合、また医師個人の見解なども含まれていることをご承知おきください。 修正点がありましたらご一報いただけると幸いです。





スポンサーリンク

【三女】戦争のない時代に産まれながら。

半覚醒だった昨日の面会時のこと。

もぞもぞ動いていたと思ったら、物音にビックリして泣き顔のモモ。

 

普段は鎮静でほとんど寝ているので、なかなか見られません。

かわいいけど泣くとしんどくなってしまうし、治まらなければ鎮静が追加されてしまいます。段々と鎮静剤の量が増えてきました。使い続けていると、どうしても体が薬に慣れてしまうそうです。

抱っこもしてあげられないから、そっと包み込み。早産児には有効で胎内のような安心感があるのだと聞きました。上からそっと手をかぶせてあげる。

モモはおしゃぶりよりもそれがお気に入りで、産まれてすぐからそうでした。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20170207001327j:plain

 

手の中で落ち着いて、眠りについていく姿にホッとしました。

その後も浅い眠りの中でうっすらと目を開けて見たりして、いつもより表情のあるモモ。

 

手術までそう長くは残されていないはず。

神様に許された少しだけ穏やかな時間・・・そんな感じがして切ないです。

 


生後16日目、戦い始めてからあっという間の半月。

産まれる前から死を意識してきた子。例え平和な世の中でさえも、明日がどうなっているのかわからない。普通がどれほどありがたいのかを教えてくれる小さな体。

私もそろそろこの先を見据えて腹を括っていかないと。頑張っているモモに、しっかりとついていきたいです。

 

スポンサーリンク

 

 

©2017 *キラどろLife*三姉妹日記