*キラキラのどろんこLife*三姉妹日記

先天性心疾患・左心低形成症候群である三女と小学生の姉ちゃんズは、年の差三姉妹。いろんなことがあるけれど、自分らしく生きていけ!





スポンサーリンク

【三女】モモの手術が始まりました。

本日16時半、モモが手術室に入りました。

その後も状態が安定せず「内科的治療の限界」との判断です。1ヶ月本当によく頑張りました。

 

モモの疾患は、複雑心奇形。先天性心疾患「左心低形成症候群」です。

まだまだ低体重の小さな体、リスクは高いです。今回受けるのは両側肺動脈絞扼術という姑息術になります。その先には、ノーウッド手術・両方向性グレン手術・フォンタン手術が待ち受けています。

 

午前10時過ぎ、U先生から電話がありました。出先だったので一旦自宅に戻り。小学校の職員室へ直接行って、教頭先生に事情を伝えた上で、ゆず姉とハナへは「心配すると困るので帰りがけに伝えて欲しい」とお願いしました。

お昼前には病院へ到着、NICUで待機した後、H先生から概要を聞きました。

この時、H先生から「脳に上皮下出血の形跡がある」と聞かされました。今後の発達に影響しそうなものではなく、特に様子を見る必要はなさそうですが、そういう事実があったこと伝えられました。

 

麻酔科での同意、執刀医である循環器外科のGT先生からIC*1がありました。手術自体は1時間半ほどですが、麻酔に2~3時間程かかるとのことで、全部で5時間くらいの予定です。

 

ゆず姉とハナも帰宅して、留守番のために来てくれている私の両親が、子供達を連れてきてくれました。みんなで「頑張れ!」って送り出すことができました。

モモ生後39日、まだまだ続いてほしい「明日」のための一歩です。どうか無事終わりますように。


ほんの一時で構いません。皆さんのお時間をください。頑張っているモモにyellを送ってくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

みんなで祈っているからね。頑張れ、モモ!

 

 

22時半、追記

 

20時半過ぎ、手術が無事終わりました。
執刀医GT先生から「順調過ぎるほど」と言ってもらって、まずは一安心です。
モモ頑張りました。

yellたくさんいただきました、ありがとうございます。

まずはご報告まで。

 

 

スポンサーリンク

 

*1:インフォームド・コンセント:治療内容の説明・合意

©2017 *キラどろLife*三姉妹日記