*キラキラのどろんこLife*三姉妹日記

年の差三姉妹の母、睦です。 先天性心疾患「左心低形成症候群(HLHS)」の三女、小5長女、小3次女(通称:姉ちゃんズ)がいます。 三姉妹の成長記録と共に、三女が産まれてからの闘病・生活の記録を残しています。 治療に関する内容は細心の注意を払っていますが、正確ではない情報が含まれている場合、また医師個人の見解なども含まれていることをご承知おきください。 修正点がありましたらご一報いただけると幸いです。





スポンサーリンク

【三女】フォンタン手術後7日目・覚醒への序章。

鎮静がゆるくなってお座りが安定してきました。


f:id:mutchyplus_xxx:20170825092139j:image

 

昨晩19時半にはかなり眠そうだったモモ。

鎮静のせいか、ストレスのせいか、しっかり眠ることができなくて「夜勤」だった母です。

夜勤レベル新生児並み(=_ヾ)

 

その眠気を引きずったまま、モモがうとうとモードに入ったところで5分足らずでシャワーを浴びてきました。

うまく時間を使わないと、シャワー室はすぐに予約が埋まってしまいます。

 

体調のせいか、ハンストなのか。

朝・昼ごはんは食べず・・・薬を無理やり飲まされているので、口を開きたくないようです(;´д`)

晩ごはんは何とか少し食べたのと、水分は取れているのでまずまず。

 

モモが食べなければ私の胃袋に入るので、毎食とても体にやさしいごはんをいただいています♡

夏の胃腸疲れがやっと治った!

 

朝イチのエコーで胸水も貯まっていたので、脇からドレーンを留置するミニ手術。

今日の胸水は70ccでした。

 

処置中にいろいろ聞いてみたらば、先日ICUへSD先生がルートを取りに来てくれたのは、A先生が1度失敗して「やーめた!」と投げたからのようです(^_^;)

軽い言い方だったので、本当か嘘かはわかりません。ただ小児科の先生の方が慣れてはいるでしょうね。

 

A先生「血管が肉に埋まっとる」と申しておりました。

 

先生や看護士さん達への恐怖心はますます強くなっています。

入ってくるだけで「ギャー!」

特に酷いのはA先生で、意識のある時に痛いことはしないのに嫌われてしまいました(´-ω-`)

 

薬もますます大変です。

何をしてもダメになってしまったので、水で溶いて流し込んだり、専用のゼリーに混ぜ込んでみたり。

 

何を使っても最終的には手足を押さえ込んで・・・なんてしたくないけど、それ以外の方法があるとすれば胃管を入れるだけ。

 

「大好きだから無理やりしてでも飲んでほしいんだよ~」と言いながら、お互い汗だくになりながらやってます。

抵抗する力に、回復を感じますね(笑)

 

まだまだ頑張るよ。

 

スポンサーリンク

 

 

©2017 *キラどろLife*三姉妹日記