*キラキラのどろんこLife*三姉妹日記

先天性心疾患・左心低形成症候群である三女と小学生の姉ちゃんズは、年の差三姉妹。いろんなことがあるけれど、自分らしく生きていけ!





スポンサーリンク

【三女】フォンタン術後11日目・ふとした表情の変化。

左足の甲に入っていた末梢が厳しくて、まさかの右手の甲に刺し替え(°Д°)

 

ワクワクキューン!


f:id:mutchyplus_xxx:20170828171555j:image

 

とか呑気なことを言っている場合ではなく、超絶不便で激おこのモモ。

まだまだ立つだけの脚力も戻っていないので、手を使えないと全然遊べません。

 

困るから~(>д<*)シカタナイケド

 

昨晩も就寝は23時頃ながら、朝まで刻みつつそれなりに寝てくれました。

今日は鎮静からの採血、ルート刺し替えでそのまましばらく寝て、散歩して。午後も散歩してからお昼寝して。

 

モモにしてはかなり寝ます。

 

 

朝回診での胸水は125ccとまだまだ。

フィジオ35*1とコアテック*2が2ml/hに減って、サンドスタチン*3の1回量が増えました。

 

ふと「手術時の気胸と胸水の因果関係はあるのか?」なんてことが気になったので、A先生に質問してみました。

 

関係はないし、気胸が影響するとしたら逆に癒着で胸水が止まってくるだろうとのことでした。

ナルホド。

 

左心低形成症候群の子として、モモはどの程度元気なのかな?というのも1度聞いてみたく。

それに関しては「元気な方ではある、まぁスタンダード」との回答でした。

本当にありがたいことです。

 

どうでもいいことですけど、モモが見ていたDVDを見ながら「NHKのかな?」と言うA先生。

「いないいないばあっ!」知らないそうです。

 

私と同世代で三児の父。

あらあら、お医者さんってお忙しいから(´-ω-`)  でも子供相手にするの上手なのに意外でした。

 

小児科のS先生と、循外の男性看護師さんは「たくみお姉さんがよかった」と言っていました(笑)

これまた意外。

 

そして看護師さんから「ワンワン懐かしいです!」の声もチラホラ。

初期のワンワン世代の若者が・・・ガクブル。

 

 

早朝(深夜)担当だったのは、小児科時代から1番お世話になっている、男性看護師のEさん。

 

www.kiradoro-life-child.net

www.kiradoro-life-child.net

 

モモがノーウッド・グレン手術を受ける直前にこちらに異動してきたので、とても安心できますし何でも話します。

 

モモの大きなストレスの1つになったであろう「手術室での送り出し」について。

エスクレ*4を使わないのは、術中の麻酔の量に影響するからなのだそうです。

 

確かにそうです。

 

小児科や循環器外科での検査は麻酔も自分達でやることだけれど、手術室では麻酔科がやりますし。

でも、そこは加味することできないのね。

 

「手術室の看護師さんは仕事だからやるだろうけど、時々エグイやり方してる」なんて言っていました。

看護師さんの目から見てもあまり好ましくない光景のようです・・・子供に課す試練としては酷だもの。

 

A先生、K先生はもちろん、モモを見てくださる大人の心臓の先生(回診で来たりします)や看護師さん達にも話して、どういうものかと聞いています。

 

 

まだまだ伏し目がちで弱々しい表情のモモですが、今日は少しだけ張りのある表情の時がありました。

少しずつ増えていきますように。

 

夕方の胸水は70cc。

減った~☆*:.(((*°▽°*))).:*☆

 

・・・乳び胸の時にもそうやって何度かぬか喜んだけれど、このままいってほしいです。

 

【23時追記】

今朝取った末梢が閉塞でピーピーうるさくて、確認したら腫れていたので抜きました。

一時的な処置で、FFP*5はPI*6に繋いで明日まで様子を見ることになりました。

 

夜中に・・・そしてまた明日も、鎮静からのルート確保の可能性が。

イヤ過ぎるけれど、これで感染とかあっても怖いですよね。

 

 

いろんな管が絡まってガリバー!

早く管も減るといいな。


f:id:mutchyplus_xxx:20170828171604j:image

 

スポンサーリンク

 

 

*1:水分・電解質の補給

*2:強心剤

*3:ホルモン剤

*4:お尻から入れる鎮静の薬

*5:血漿製剤

*6:末梢挿入中心静脈カテーテル

©2017 *キラどろLife*三姉妹日記