*キラキラのどろんこLife*三姉妹日記

年の差三姉妹の母、睦です。 先天性心疾患「左心低形成症候群(HLHS)」の三女、小5長女、小3次女(通称:姉ちゃんズ)がいます。 三姉妹の成長記録と共に、三女が産まれてからの闘病・生活の記録を残しています。 治療に関する内容は細心の注意を払っていますが、正確ではない情報が含まれている場合、また医師個人の見解なども含まれていることをご承知おきください。 修正点がありましたらご一報いただけると幸いです。





スポンサーリンク

【三女】理想と現実には嬉しいギャップがありました。

コウノドリをゆず姉と夫と3人で見てました。

 

私「あー、ゆず姉のことソファに投げたわ」

長女「固い床じゃなくてよかった!」

私「そこは最後の理性。そんな高いところからじゃないよ、ボンッて置いた」

夫「お母ちゃんの抱っこじゃないとダメだったからね~」

私「もう無理!ってなるのよ、さすがに」

 

個人のtwitterより

 

このあと、会話は続いていました。 

 

私「モモのことは、怒ったりしないで育てられると思ったんだけどな~」

長女「そうなの?」

私「心臓悪く産まれてきて、小さくてかわいくて。もう何しても許せると思ってたんだよ・・・でも無理だった」

長女「何で?」

夫「それは、1番暴れん坊だったからさ」

長女「あー・・・」


f:id:mutchyplus_xxx:20171030214506j:image

 

新品の綿棒をぶちまけたら、もうこれは掃除用にしかならないじゃないか。

 

私が短気っていうのが1番の原因ですけどね(-_-;)

モモだって相当だと思うの。

 

www.kiradoro-life-child.net

 

ちょうど2年前、まだまだこんな頃。

 

両側肺動脈絞扼術から52日目、次のノーウッド手術がいつになるのかも全然見えていませんでした。

プロスタグランジンの効果はもって3ヶ月くらいと聞いていたのに、この時のモモはもう生後3ヶ月になるところ。ただただかわいくて、この命が目の前から消えてしまうのが怖くて、泣きながら駅までの道を歩いていた頃のことです。

 

こんなにパワフルなわんぱくボンズになるなんて、誰も思っていませんでした(笑)

ありがたいね。

 

スポンサーリンク

 

 

©2017 *キラどろLife*三姉妹日記