はっちゃき娘ズplus☆

年の差三姉妹の母、睦です。 先天性心疾患「左心低形成症候群(HLHS)」の三女、小5長女、小3次女(通称:姉ちゃんズ)がいます。 三姉妹の成長記録と共に、三女が産まれてからの闘病・生活の記録を残しています。 治療に関する内容は細心の注意を払っていますが、正確ではない情報が含まれている場合、また医師個人の見解なども含まれていることをご承知おきください。 修正点がありましたらご一報いただけると幸いです。

スポンサーリンク

【三女】フォンタン循環1年目/今日のために、明日のために、お薬は続く。

スポンサーリンク

朝の薬を飲ませようと思ったら、部屋の中に逃げ込んだモモ。

f:id:mutchyplus_xxx:20180123173302j:image

く~す~り~だ~ぞぉぉぉ~!!!

母の声にバタバタと逃げたり、床に突っ伏したり、目を合わせないようにしたり、リアクションに幅が出てきました。

とりあえず飲みたくないアピールをしないと気が済まないらしいですよ。

 

全力で拒否したり、口に入れたものを吐き出すことはありません。これが反り返ったり吐き出すようになると大変なんだよ・・・

(入院中を思い出しますね)

 

シリンジの先を口にくわえて、飲み込んで、上手に飲めたと小さくパチパチ。母から「はーい、頑張った!」と頭なでなでをしてもらうまでがセットになってます。

 

「今日の元気のためにアドシルカ、いかがですか?」

「明日の元気のためにワーファリン、飲みましょう!」

※アドシルカ:肺動脈性高血圧症の治療薬・ワーファリン:抗凝固剤 

 

モモにとっては大切なことです。

茶化したように言いますが、決して当たり前ではないんですよね。生まれてからただの1日も、薬が体に入らない日はありませんでした。

これから先もありません。

 

応援するしかできないけれど、毎日毎日一緒に頑張ってます。